スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米旅行10日目(クスコ)

8月26日。南米旅行10日目


今日は旅行最終日。大インカ帝国の首都だったクスコをまわります


8日目のブログにも書きましたが、この街はスペイン人
侵略の前のインカの建造物と スペイン文化が融合し、
とても幻想的な街となっているのです。
b11.jpg 


しかもここは標高3399m。よくこんな高地に街を作ったなあと感心します
b111.jpg 


ここはサントドミンゴ教会。
教会になったのはスペイン侵略後でインカ時代は
コリカンチャ(太陽の神殿)でした
b12.jpg 


スペインの征服者はコリカンチャを見てあっと息をのんだそうです。
中に入るとそこには夢のような世界が広がっていたそうな
広場の金の泉からは水がさらさらと流れ、金の石が敷き詰められ、
等身大の金のリャマを連れた人形像もあったそうです。
b13.jpg 


また、金で覆われた太陽の祭壇もあり、分厚い金の太陽像が
日の光を受けてきらびやかに輝いていたそうです
DSC05937.jpg 


しかし、スペイン人はその黄金を神殿から全て取り除いてしまい、
上部を壊し残った土台の上にこの教会を建てたそうです。

スペイン人はクスコ侵略の跡、大量の黄金を自国に持ち帰った為、
ヨーロッパではインフレが起こったという話まであります

その後クスコに大地震があった時、このサント・ドミンゴ教会は
全て崩れ落ちたそうですが、インカの土台の石組だけはひずみ
ひとつ起こさなかったそうです。
b14.jpg 


そう考えるとやはりインカの石組技術は凄い

石のつなぎ目は以下のように溝が掘ってあってこれに噛み合う
ようにお互いの石を削っているそうです
b15.jpg 


また、この神殿には地下道の入り口があり、一説によると
地下道はクスコ全体にめぐらされているそうです。
 b17.jpg 





こんどはクスコ郊外にある要塞跡「サクサイワマン」に来ました。
先ほどの地下道はこの場所までつながっているという説もあるようです。
ジグザグの石の壁が360mも続きます。
b18.jpg 


遺跡は巨石を3層に積み上げて造られています。
なかには120トンもある巨石を積み上げた場所もあります
一説によると完成まで1日2万人を動員して約80年かかったといいます。
b19.jpg 


どうですかこの巨石
こんな巨石まで隙間なくピタッと噛み合っています。 
DSC05944_convert_20110224082511.jpg 


おおっと、歩いているとリャマ君発見
じゃなかった、これはアルパカ君でした
 b22a.jpg 


これもアルパカ君かな。ちょっと違う気もします
b22b.jpg 



アルパカ君の毛はあたたかくて柔らかくて
セーターやマフラーには最高なのです。
アルパカの毛があちこちにありましたが、
これはかなりのお宝です
b23.jpg 


良く見たら子猫ちゃんがこの中に。やっぱりあったかいのかなあ
b24.jpg 


富士山とほとんど同じ標高のところに来ました
 b27.jpg 


クスコの街が一望出来て景色が最高
b28.jpg 



ここはタンボ・マチャイ。聖なる泉と呼ばれています
しかし、どこから水が流れてくるのかは分かっていないようです。
b29.jpg 


かつてその源を探そうと色々な川や池に色素を流したらしいが、
結局分からなかったそうです。
サイフォンの技術を巧みに利用して遠くからはるばる水を引いて
来ているというのが有力説
b30.jpg




さあ、クスコ市街地に戻ってきました
 b31.jpg b32.jpg 



これは宗教美術博物館のインカ時代の土台です。
何を探しているかというと、、 
DSC05992_convert_20110224092300.jpg  



ありました。「12角の石」です
この土台の四角形の石は微妙にズレながら隙間なくピタっと
積み上げられきれいなアミダ模様を作り上げています。
しかし全て四角で済ませられるものをあえて、12角の複雑な石
を使っているのです。
それでもやはりピッタリと接合させているところが凄い
b35.jpg




さあ、歩きまわっていたらお腹がすいて
きたので、南米最後のご飯にすることに。
 b40.jpg 


クスコに来たからにはやはり地元の料理を
写真はクイという巨大ネズミの丸焼きです。
クスコはこれが名物料理だそう
b41.jpg
 

取りあえずチチャモダーラで乾杯
これは紫のトウモロコシをレモンと煮込んだドリンク。
意外と行ける
b42.jpgb48.jpg


これはアヒ・デ・ガジーナだったかな
 b46.jpg 


そしてメインの肉の盛り合わせ
さすがに巨大ネズミの丸焼きは抵抗あったので盛り合わせに、、
一番手前の肉が巨大ネズミの丸焼きの一部です。
ちょっと硬くてこりこりしてる。
b47.jpg


ご飯が終わったらいよいよクスコともお別れです。
凄く神秘的で魅力的な街だったのでもう一泊くらいしたかったのだけど、、
b50.jpg 


この後は飛行機で再びリマへ

そしてブラジル・リオから始まった南米の旅もこれでお別れです
毎日が本当に楽しくて刺激的で色々な経験ができました。
またぜひ訪れたい国ランキングNo1です
でも日本からだとかなりハードル高そうだなあ


その後は空港で国際線に乗り換えてリマ-->ニューヨークです

実はこの乗り換えの時間にはいくつかハプニングがありました

1つは飛行機が大きく遅れて夜中まで待たされたこと。

もう1つはクレジットカードがペルーの銀行のATMに食われて
戻って来なくなってしまったこと。

旦那さんは怒りまくってましたが片言のスペイン語も
思うように通じず結局カードは再発行するはめに。。

まあ、何事も経験ですね



そんなこんなで8月27日朝。無事ニューヨーク到着

11日間お疲れ様でした~


Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。