スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひでこさんお料理教室2月

2月のひでこさんお料理教室に参加しました


IMG_4275.jpg

ひでこさんのお料理教室は、
簡単にできて、見栄えのするお料理を教えてくれるので、
いつもとっても楽しみ


最近は予定が合わずに、なかなか参加できなかったので、
久しぶりに参加できて楽しかった~


今回のメニューは、

まずは、カクテルを頂きました


ロゼのスパークリングに、rose petalと、
ローズwaterと、white cranberryジュースが入ってます。


IMG_4270.jpg 


すごく飲みやすくて、美味しい~。
ゴクゴク飲めちゃいました・・・。


☆赤ピーマンのムース
パプリカのムースは、さっぱりした味で、美味しかったです!
お客様が来た時に、作って出せたら素敵かも

IMG_4276.jpg 


☆Shrimp Cocktail
アボカドにグレープフルーツがとっても合う~~。
見た目も素敵

IMG_4280.jpg 

☆Boeuf Bourguignon Egg Noodle添え
オーブンで一時間半も煮込んでいるので、
ほ~んとに、お肉が柔らかかったです!
アメリカのオーブンは大きいので、
耐熱鍋を丸ごとオーブンにいれられるのでいいですよね~。

IMG_4281.jpg 

☆チョコレートスフレ
すっごくフッワフワのスフレで、口の中で溶けました

IMG_4284.jpg 


cream of tartarというのがポイントだそう
これをいれると、ふんわりふっくらするそうです!!

IMG_4274.jpg  


スフレは、すぐしぼんでしまうので、
焼いて出すタイミングが、すっごく難しいそうですが、
今度、家でチャレンジしてみます


今回もどれも、とっても美味しいメニューばかりでした!
チョコレートのお土産も頂き、とーっても美味しかったです。


また、来月のお教室がとっても楽しみです!


この日のレッスンに、フラワーアーティストの竹中健次さんがいらしてました。
テレビ出演もされたりと、活躍されてらっしゃるのですが、
とっても気さくな方でした

竹中さんのフラワアレンジメントのレッスンにも、参加してきました。
その模様は、また後日アップします



スポンサーサイト

2月お料理教室(鱈三昧)

今月の、グンジ先生のお料理教室は、鱈三昧
毎月、その月の旬のお魚を使ってお料理します。


NYに来てから、お魚より断然お肉を食べる機会が多いので、
私にとって、美味しいお魚を食べることができる、貴重なお教室なのです


お料理を開始する前に、
今回美味しいシラスを持ってきてくださった方がいたので、
サラダにして食べました!

IMG_4155 (0) IMG_4157.jpg


このシラスは、チェルシーマーケットの中の、
お魚が売ってるマーケットの中で、購入したそうです。
すごく新鮮で、身も大きく、美味しいシラスでした!!


この時期に、たまに売ってるときがあるそうですが、
私がこの前行ったときには、売ってませんでした


今回のメニューは、、、

☆ピルピル

鱈をガーリックとオリーブオイルでコンフィするお料理ですが、
鱈が、’ピルピル’と音がするまで、コンフィすることから、
ピルピルという名前のお料理だそうです。。


IMG_4168.jpg 

すごくシンプルな味付けだけれど、新鮮で肉厚の鱈が、
と~~っても美味しかった。


この時の、ガーリックとオリーブオイルを利用して、
パスタも作りました。

IMG_4175 (0) 



☆バカラオコロッケ

鱈のコロッケなのですが、このソースが絶品

IMG_4170 (0) 

マヨネーズとこのチポテール缶詰を混ぜてつくります。

IMG_4160.jpg 


このチポテールが、すっごく辛いのですが、
マヨネーズに少し混ぜると、とっても美味しいソースに変身


☆ブランダード

ソルトコッドとじゃがいもを混ぜてつくります!
コッドとジャガイモのコンビは、ゴールデンコンビ

IMG_4164 (0) IMG_4163.jpg

☆ムケッカ

こちらは、ブラジルの料理です。

IMG_4172.jpg 

ココナッツソースの煮込み料理で、これはこのデンデオイルがポイント

IMG_4148 (0) 


ブラジル料理に、このデンデオイルは欠かせないそう。
ムケッカは、ご飯にかけて食べたのですが、
すっごく美味しかったです!


IMG_4174.jpg


先生に見せて頂いたJuliskaというアンティークの食器に
私達は一目ぼれ

それを求めて、スタンフォードの小旅行を計画してたのですが、
語学学校の関係で、私は今回は参加できず、、、
みんなーっ、戦利品を見せてね~。


ボストン旅行(2日目)

さあ、ボストン2日目です


今日はケンブリッジに渡って学問の街ボストンを堪能します


まずは工科大学の世界最高峰MITに。
ノーベル賞受賞者77名輩出している世界屈指のエリート校です
DSC07800.jpg 


変な形の校舎もあります。
頭のいい人の考えることは良くわかりません。
DSC07767.jpg 


材料工学の研究室です。
ここで世界の科学が研究されているのだな
DSC07777.jpg 


校舎を歩いていると、、、
おーーっと、アニメサークルの張り紙発見。
しかも日本語で、、
天才達も息抜きは必用ってことですね。
DSC07773.jpg 


カフェです。日本の学食とは雰囲気違いますね。
DSC07806.jpg 

購買部でお土産買おうとしたら日曜は休みでした。
DSC07809.jpg 



次はバスでハーバード大学の近くにきました
この辺はまた雰囲気が違って赤レンガのいかにもボストン風な雰囲気。
街も賑やかですごくいい感じ
DSC07817.jpg


お腹が空いたのでハーバード近くの
「リーガルシーフード」に来ました。
ここはフレッシュシーフードで有名な店です。
DSC07825.jpg 


紅茶がきゅうすに入って出て来ました。面白い~
DSC07828.jpg 


さあ、お待ちかねのクラムチャウダー。
これも味が濃厚で美味しい~
のだけど若干ぬるい気が、、
70点です。ここのクラムチャウダーは
ちょっとどろどろしすぎな気が、、
DSC07830.jpg 


でもシーフードは本当美味しい。ホタテです。
DSC07834.jpg 


こちらはマスをグリルしたもの。
DSC07835.jpg 



さあ、お腹も一杯になったところで
世界一の大学ハーバード大学へ
DSC07821.jpg 



どんなにお堅い感じかと思ったら結構華やか。
自分も大学に戻りたくなっちゃいました。。
DSC07856.jpg 



これはハーバード氏の銅像。
銅像には「創設者ハーバード、1638年」と刻まれています。

しかし、、、この銅像には3つの嘘があるそうな。
DSC07860.jpg 

嘘1-- 大学創設は1638年でなくて1636年。
嘘2-- ハーバード氏は創設の恩人ではあるが創設者ではない。
嘘3-- この銅像は1880年ごろつくられたが、当時ハーバード氏
    の肖像画がなかったため、関係ない学生をモデルに
    銅像を作った。

ってか、ハーバードの銅像じゃないじゃん、これ




気を取り直して歩いていると巨大な図書館に。
そういえば学生時代は図書館にこもって
カンニングペーパー沢山作ったな~
DSC07866.jpg 


購買部にはハーバードグッズが沢山。
DSC07839.jpg
 



大学めぐりの後はケンブリッジを後にして、ダウンタウン郊外へ。


着いたところは、、、
レッドソックスの本拠地フェンウェイパークスタジアム
DSC07887.jpg 


ここはアメリカ最古の球場です。
しかもアメリカ最少の球場でもあります。
確かに小さい、、
草野球の決勝でもやってそうな球場です。
DSC07893.jpg



しかし、小さいことでむしろ愛着が沸き、ボストン市民に
愛されつづけている地域密着型の球団です。
 DSC07881.jpg


シーズンオフで松坂の有志は見れませんでしたが、
次回はぜひ応援に来たいですね
DSC07889.jpg 



さらに郊外に行くと、、閑静な住宅街に入ってきました。
その中に緑の立派な家が一件あります。
だれの家でしょう
DSC07908.jpg 

そう、ボストンが生んだ第35代アメリカ大統領
J.F.ケネディの生家です
昨日見たポール・リビアの家とは違って凄く立派でオシャレです。
しかも回りはすごく閑静な高級住宅街
DSC07907.jpg 



さ、おながが空いてきたのでちんちん電車でダウンタウンに戻ります。

この路面電車、ダウンタウンに行くと昨日乗った地下鉄になるのです。
乗り出して写真取っていたら運転手に危ないっ
て怒られちゃいました
DSC07913.jpg 


ボストン最後の食事は「ユニオンオイスターハウス」。
ここは老舗中の老舗ボストン最古のレストランです
DSC07918.jpg 


入り口入ると巨大なロブスターが一杯。
DSC07938.jpg 

早速クラムチャウダーを注文。
お味の方は、、歴史を感じる味で美味しい~。
80点。ここもやっぱりどろどろ系だったので点数やや伸びず。
DSC07929.jpg 

パンパカパーン
ということで、クラムチャウダー選手権優勝は一番最初に行った
「キングフィッシュホール」に決定

さらさら系が好きという私の好みにかなり左右されてしまいました。
元祖クラムチャウダーはどろどろ系が基本のような気もしますが、、


ロブスターのラビオリも美味しいっ。
DSC07931.jpg 

最後は店自慢のオイスターで締めっ。
DSC07933.jpg 

食べ終わった後、店内を見渡していると、、
DSC07935.jpg
 


J.F.ケネディのブースを発見
ケネディはこの店の常連でこの席で
いつも食事をしていたとのことです。
DSC07937.jpg 



食べ終わったところで列車の時間が来てしまいました。
2日間のボストン旅行もいよいよ最後です。

ボストンは歴史の街らしくレトロな雰囲気が残る一方、
近代的な部分もあってすごくオシャレな街でした。
またぜひ訪れたいです
DSC07940.jpg 



ということでアムトラックに揺られてニューヨークに戻ります。
お疲れさま~&おやすみなさい~
IMG_0487.jpg 



ボストン旅行(1日目)

President's Dayの祝日を利用してボストン旅行に行ってきました


ボストンまではマンハッタンのペンステーション
から アムトラックという列車で行きます
DSC07595.jpg 


列車に揺られて4時間。ボストンに到着~
DSC07598.jpg 


サウスステーションを出ると、、


DSC07602.jpg 



あれーー、駅前は意外に近代的

アメリカ建国の歴史の街、赤レンガの昔ながらの
雰囲気を想像していたのだったけど。 。

DSC07600.jpg
 



早速ホテルにチェックイン
オムニ・パーカー・ハウスです。ボストン最古のホテルだそうです。
後で分かったのですがこの街「~最古」
という言葉がいたるところに出て来ます。
DSC07610.jpg 


うーん、中は重厚感たっぷり。歴史を感じます
DSC07611.jpg 



早速お腹がすいたので昼食にくり出すことに
ホテルから10分くらいのところにある
「クインシーマーケット」に来ました。
DSC07622.jpg 


ここはレストラン、雑貨、お土産屋が軒を連ねる賑やかなマーケット。
DSC07626.jpg



ボストンと言えば、、、
そう、クラムチャウダーにシーフード。
そこで旅行の食事はクラムチャウダー縛りにすることに。
そして勝手にボストンNo1クラムチャウダーを決定しちゃいます

今回はマーケットの中にある有名シーフードレストラン
「キングフィッシュホール」に行くことに
DSC07628.jpg  


ここはトッド・イングリッシュというカリスマシェフ
が手掛けたレストラン
DSC07630.jpg 



さあ、出て来ました。ニューイングランドクラムチャウダー。
うーん、クラムチャウダーの割にはさらさらしていて、
それでいてシーフードのダシがしみ込んでいてとても美味し~。
90点です。
DSC07637.jpg 


ロブスターロールです。
ロブスターがぱんからはみ出ています
すごいボリューム。
DSC07641.jpg 


クラブケーキです。
これもボリュームもさることながら蟹がほんと美味しい
DSC07638.jpg 



お腹もいっぱいになったところで今度は
アメリカ建国歴史の旅に出ることにします

ボストンは独立戦争前のアメリカ建国の中心となった街。

その歴史をたどることができるフリーダムトレイルという、
赤い線で引かれた史跡をたどれるルートがあるのです。


フリーダムトレイルの出発点「ボストンコモン」に到着。
ここはダウンタウンのど真ん中にあるとても大きな公園。
DSC07659.jpg 


早速スタートです。
赤い線に沿って歩き始めます
DSC07661.jpg 


公園ではリス君も見守っています。
DSC07669.jpg 



「マサチューセッツ州議事堂」に到着。
ボストンはマサチューセッツの州都でもあるのです。
DSC07646.jpg 


議事堂の横を見ると、、、

あ、ケネディ元大統領の若かりしころの銅像だ
J.F.ケネディは大統領になる前マサチューセッツ州議員
として働いていたのです。
DSC07668.jpg 


「パーク通り教会」です
ウィリアム・ロイド・ギャリソンがアメリカで初めて
奴隷制度反対演説を行った場所としても有名
 DSC07656.jpg
 

「キングスチャペル」です。
アメリカ建国の英雄ポール・リビアの作った
鐘がここにあるそうです。
DSC07676.jpg 



ここはアメリカ最古の公共学校
「Boston's Public Latin School」
が建っていた場所。
独立宣言の草案者ベンジャミン・フランクリン
の銅像があります。
DSC07681.jpg 



「オールドコーナー書店」です。
現在は別の店になってしまってますが、ロングフェロー等
当時アメリカを代表する文豪達がここにたむろしたそうです。
DSC07683.jpg 



「オールドサウス集会所」です。
ボストン茶会事件を起こしたサミュエル・アダムスや
ジョン・ハンコック達がアメリカ独立に向けて白熱した
議論を交わしあった場所です。
DSC07686.jpg



「旧州議事堂」です。ここはかつてのアメリカ政治の中心地。
ボストン最古の建築物です。

1780年初代州知事ジョン・ハンコックの就任式も行われています。
 DSC07688.jpg 


中はお土産屋になっていて思わずボストン茶会事件の
「Boston tea party TEA」を買っちゃいました
 DSC07687.jpg


「ヘイマーケット」です。
歴史とは関係ないですが毎週金土に開かれる激安青空市。
NYと比べても全然安いです。
DSC07695.jpg 



「真夜中の疾走」で知られるアメリカ建国の
英雄ポール・リビアの住んでいた家です。
DSC07699.jpg 


独立戦争のヒーローはどんなに凄いところに
住んでいるのかと思ったら、意外に質素。。
もっといいところ住めただろうに、、

しかし、英雄の癖にこんな簡素な生活
をしていたことが逆にえらい
DSC07704.jpg

 


こちらはポール・リビアの銅像と
後ろに見えるのは「オールドノース教会」。
DSC07707.jpg 



この「オールドノース教会」はまさに
「ポール・リビアの真夜中の疾走」の
舞台になった教会
DSC07713.jpg 



1775年、アメリカが独立に向けてイギリス軍と
争っていた時、イギリス軍の奇襲に備えて、
彼らが陸路から攻めてきたら
教会の上にランプをひとつ、水路から攻め
てきたら2つ掲げることに。

ある夜教会に2つのランプが、、
イギリス軍が水路から攻めてきたのです。

ポール・リビアはこれを報告するため真夜中に
レキシントンまで馬を走らせて、奇襲に向けた
対策を立てることができたたそうな
DSC07712.jpg 


これが世に言う「真夜中の疾走」です。
アメリカ人は小学生のころから教えられるそうです

「One if by land, two  if by sea」の有名なフレーズは、
ここから来たのです。
DSC07717.jpg 




アメリカの歴史を勉強したらお腹がすいてきたので、
次は夕食を取ることに。

地下鉄に乗ってダウンタウン西のコープリーという駅に。

駅を降りたところの「トリニティ教会」
のライトアップがとてもきれい
DSC07727.jpg  
 

クラムチャウダーがボストンいちのおいしさとガイドブック
に書いてあった「ターナー・フィッシュリーズ」に到着。
DSC07750.jpg DSC07749.jpg


さあ、出て来ました。今日に2回目のクラムチャウダー。
こ、これも味が濃厚で美味しい
85点。キングフィッシュホールには僅かに及ばず
DSC07734.jpg 


ボストンといえばやっぱりロブスター。
小さいやつ注文したはずなのすが、巨大なロブスターが登場。
これも歯ごたえあって、味も最高
DSC07738.jpg 


更にはロブスターのリゾット。
ちょっとしつこい
DSC07741.jpg 



帰りも地下鉄です
ちなみにボストンの地下鉄もアメリカ最古だとか。
その割にはニューヨークより全然きれい。
ま、そもそもニューヨークより汚い地下鉄みたことありませんが(笑)
DSC07753.jpg 


しかもこの地下鉄、レールとホームが同じ位置にあります。
これならホームから落ちる心配ありませんね
DSC07726.jpg 



今日は美味しいものも食べて歴史の勉強も出来て充実でした。
それではおやすみなさい~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。