スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーケ

NYに来て、プリザーブドフラワーを習い始めました。
そこで、花嫁のブーケを自分で作れたらと思って、相談したところ、
先生が一緒につくってくれるとの事・・・。

ブートニアとウェルカムボードも一緒に作ってくれるとのことで、
12時から6時まで2日間で教えてもらいました!!

まずは、ブーケから
お花を大きく開かせる作業からするのですけれど、私はこれが苦手・・・
そして、ひたすらワイヤリング。。

キャスケード型のブーケを作りたかったので、バラの色を相談して、定番の白に葉っぱの緑にすることに。
ピンクも少しいれてみたところ、とっても可愛らしい♪ブーケになりました!!

先生9割、私がお手伝い程度に1割の作品です
でも、自分で作った?!っていう事に大満足。。。

レッスンが進んだら、今度は自分一人の力で作ってみたいな・・。
生花でつくるか、プリザーブドで作るかでとっても悩んだけれど、
プリザーブドなのにかなりのボリューム感があって、プリザーブドにしてよかった!!
日本では、今やプリザーブドのブーケの方が主流だそうですが、こっちはまだまだプリザーブドが
浸透してないそうです。

プリザーブドのレッスンに早く行きたくなりました!
Kさん、どうもありがとうございました!!

ブートニア等については、次回アップしまーす。

DSC07437_convert_20101027162556[1]
DSC07439_convert_20101027162645[1] 

マシューボーン演出Swan Lake

6月には、ABTのswan lakeを観に行きましたが、
今回はマシューボーン演出の男性版swan lakeをcity centerに10月中旬に観にいきました。

あの不朽の名作の白鳥の湖を、男性白鳥が踊るってどうなの??
と興味津津で行ってみることに・・・。
といっても、トニー賞を3冠獲得していたりするほどの有名な作品みたいです。
ここでやる前は、日本公演してたようで、日本に住む友達が「男性版白鳥の湖」を知ってました。

白鳥は、スキンヘッドに黒い鼻筋、上半身裸に白い羽根のコスチューム。
可憐というより、力強く迫力がある白鳥でした。上半身の筋肉美と、迫力ある跳躍が印象的

チャイコフスキーの曲なのに、パパラッチが出てきたりして、笑いあり感動ありの、
あらすじは全く違いました。それがまた面白かったです!

25ドルくらいの安い席だったけれど、とてもよく観えました。
日本ではチケットが、1万円くらいだったみたいなので、日本ってやっぱり高いですよね・・・

DSC07395_convert_20101022004456[1]

swan lake
New York City Center (130W 56st)

Swan Lake

6月のお話になりますが、白鳥の湖のバレエをみに行ってきました。

やっぱりバレエと言ったら、白鳥の湖?!と素人的な考えで行ってみることに。
あの白い衣装を着た、白鳥達の舞いに、と~~ても感動
白鳥が群衆で踊るあのシーンは、本当に素敵~。

そして、チャイコフスキー曲がまた良かったです。
クラシックは詳しくない私だけれど、よく耳にする曲ばかり。
コントとかで白鳥の格好をした男性が踊るときに流れる、あの曲もありましたー。笑

バレリーナの方って、手足がながくて、動きがしなやか~
本当の白鳥みたい!

絶対もう一度、見に行きたいです

DSC03560_convert_20101021234916[1]

DSC03557_convert_20101021234817[1]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。