スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロブスターを求めて、、、

ワイナリーの後は、ロブスターを求めて、
コネチカット州のミスティックにある
Abbott'sへ向かいます。


ここに行くには、Orient Pointから
New London行きの
フェリーに車ごと乗り込みます

DSC04175.jpg 

車で来てる人が多いようで、
満車でした

DSC04180.jpg

約1時間半の船の旅 

船酔いすることもなく、快適!
DSC04224.jpg

DSC04198.jpg 

フェリーから、
New Londonの街並みが見え、
ようやく到着。

 DSC04217.jpg


港からは約15分くらいで、
Abbott'sに着きました。

既に夕日が沈み、すっかり夜

DSC04234.jpg

Abbott'sは、春から秋くらいにかけて
期間限定オープン

場所が海沿いなので、外の席では、
海を見ながら食べれる
最高のロケーション


残念ながら私達は、
夜になってしまったので、
景色が全然みえず残念でした。

DSC04251_20111003000349.jpg

着いた時間は、
閉店時間近くだったのに、
まだ、オーダカウンターには行列が、、、・。
 
 DSC04240.jpg

こちらには、ビールやワインなどの
お酒は置いてません。

お酒の持ち込みOKなので、
みんなオープナーやワインクーラーと
一緒に持ち込んでました!


私達も、ワイナリーで買ったワインを
飲もうと思ったのですが、
冷えてないので、断念・・・


DSC04239.jpg 

時間が遅かったので、
ロブスターービスクや
オイスターは売り切れでした・・・。
やっぱり早くこなきゃ、
ダメなのね


私達がオーダしたのは、
まず、クラムチャウダー

DSC04243.jpg

そして、クラブケー

DSC04244.jpg 

ホットロブスターロール

DSC04254.jpg 


このホットロブスターロール、
すごく美味しい~~

味付けがあっさりなので、
いくらでも食べれそう・・・。
ロブスターもかなりガっつり
挟んでありました!


そして、今回の大本命のロブスター

大きさの種類が3種類で、
1-1/4,1-1/2,1-3/4 

私達は真ん中の大きさ。
 
DSC04255.jpg DSC04252.jpg

身がプリップリで、
ミソもたっぷり詰まってて、
ホントに美味しい~~。


二人とも大興奮、大はしゃぎで、
ロブスターを食しました!!


今度は絶対明るいうちにきて、
海を見ながらロブスター食べたいな・・・。


ワイナリー&ロブスターと、、
大満足の一日でした

☆Abbott's

117 Pearl St PO Box 9280
Noank CT06340
phone:860-536-7719
※期間限定なので、
期間、時間帯要確認
スポンサーサイト

ワイナリー&ロブスターの旅

9月初旬、ずっと行きたかったワイナリーと、
美味しいロブスターを食べにいきました!


ワイナリーは、ロングアイランド

マンハッタンから、車で2時間
DSC04087.jpg

ロングアイランドの東端の
ノースフォークに、
30件ものワイナリが
通り沿いに連なってます。

無題  

沢山あるワイナリーの中から、
今回行ったのは、
Castello di BorgheseとPindar


まずは、Castello di Borgheseへ。


ロングアイランド最古(らしい)ワイナリーで、
たくさんの大会でメダルをとっているワイナリー。

DSC04123_20111002081535.jpg DSC04125_20111002081535.jpg

特にReaseling2008は、
ワインコンペティションオスカー大会で
No1をとったそうです。

DSC04104.jpg 

4種類のワインをテイスティング

DSC04102.jpg  DSC04110.jpg


おつまみを持参し、
ここで買ったワインを飲んで、
の~んびりしている人たち。

DSC04118.jpg 

私も時間があったら、おつまみ持参で、
広大なワイン畑を目の前に、
の~んびりワイン飲みたかったな・・・。


こちらはシャルドネ種のブドウ

DSC04090.jpg  

テイスティングして美味しかった
Reaselingと
フルーティーなロゼを購入
DSC04117.jpg 

次は、ロングアイランド最大手Pindar

DSC04156.jpg

試飲所も大きくて、
かなり沢山の人で賑わってました。

DSC04141_20111002081534.jpg 

こちらでは、5種類をテイスティング。
全体的にCastello di Borgheseより
甘いワインが多かったような。。

最後に試飲した、
デザートワインが甘くて甘くて

ここでは、赤ワインを購入。
DSC04154.jpg

お隣の老舗のワイナリーLenzに、
時間があったら行きたかったのだけれど、
次のロブスターを食べに行く時間が
なくなってしまうので、敢え無く断念・・・。


写真だけ撮ってきました~。

DSC04161.jpg 
DSC04164.jpg 


木のぬくもりがいい感じの試飲所
DSC04168_20111002085553.jpg 

ワイナリーで、ワインを堪能した後は、
更にロングアイランドの東端の、
orient pointのフェリー乗り場に向かいます。


ここから、車ごとフェリーに乗って、
ロブスターが美味しいシーフードレストラン
Abbot'sを目指します


途中かぼちゃ畑がありました。
もう秋はすぐそこ

DSC04158.jpg



つづく、、、。

juliskaの食器を求めてスタンフォードへ

まだまだ震災の影響や被害の残っている日本。
NYでも色々なチャリティーイベントがあり、世界中が日本の復興を
応援しています。一人でも多くの人の笑顔が、一日も早く戻りますように・・・。

そんな中ですが両親がブログを楽しみにしてるということもあり、
しばらくお休みしていたブログの更新を再開しようと思います。




先日、お料理教室のお友達達と行ってきたのが、スタンフォード
グランドセントラルの駅から、メトロノースの電車に乗り、約一時間。

IMG_4730.jpg


今回スタンフォードの旅の目的は、
juliskaという食器メーカーの食器を求めて・・・


juliskaの食器は、分厚くごっついのですが、
デザインが女の子らしい可愛いのが多いんです


Blooming Dale'sやBargdorf Goodmanにも売ってるのですが、
このスタンフォードが本店で、
店の奥にはアウトレットも併設されてます


まずは、スタンフォードの街をちらっと探索
道も整備されていて、とても綺麗な街並み。

IMG_4713.jpg

IMG_4717.jpg



元ロッテ監督、バレンタイン氏のスポーツカフェもありましたよ~

IMG_4723.jpg


そして、いよいよjuliskaへ到着


IMG_4726.jpg

店内には可愛いお皿が勢ぞろい

IMG_4729.jpg

「奥のアウトレットに行きたい」と店員さんに言うと、
奥の部屋に連れていってくれました。



アウトレットは、所狭しとお皿がずらーっと並んでいて、
ほとんどが正規の値段の半額



アウトレットなので、すべての商品があるわけではないし、
よく見て買わないと、たまに裏が欠けていたり、
傷ついているものもあります。



でも、素人にはよく見ても、気付かないものが多く、
とーーってもお買い得



お買い物の後は、店内にあるカフェで一休み
コーヒーなどが、juliskaのカップで出てきます。

IMG_4728.jpg


帰りの電車は、帰宅ラッシュに遭遇し、
座れずずっと立ちっぱなしでした・・・
スタンフォードからマンハッタンに帰る人が、こんなに多いとは


こちらが戦利品達です。

IMG_4791.jpg IMG_4793.jpg
IMG_4794.jpg 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。